2012年06月27日

ベネチアの朝☆イタリア旅行☆

朝。
ちょっぴり早起きをして
散歩に出かけました(^^)

朝7時のサンマルコ広場。




昨日、人で溢れ返っていた広場が嘘の様!!
街はまだ、眠っているようです。





街を掃除するおじさん達。
朝早くから、街をきれいにしているんですね…!(^^)





朝日が差し込むと
街はちょっとずつ、目を覚ましていくようです。









今日は1日、良い天気になりそう♪





綺麗な朝の景色、
テレビクルーも、見逃すまいとカメラを構えておりました。





綺麗なレストラン、
朝食の準備中かな??





さて、昨日はできなかった
冒険の続き。
今日は迷路の中へ、れっつごー!





路地裏探索、
ヨーロッパに来たら、やってみたかった!





ベネチアはまさに、格好の場所!
迷路のように、路地が入り組んでいます。





どこに向かって
歩いているんだろう…どきどき…





路地を曲がるたびに変わる景色。





可愛い住宅街。
民家の玄関先で、ちょっと失礼☆





ちょっとポーズを取るだけで
雑誌の表紙みたいな写真が撮れちゃう。
わーお。




運河沿いをてくてく。
橋を独り占めして、パチリ☆





こっちでも、パチリ☆





あー。
私、カメラマンみたい(笑)





良い景色と良い被写体。
カメラマン冥利に尽きますな。

しばらく歩くと、いきなり教会が現れました。





朝の凛とした空気にたたずむ教会。
神聖な場所なんなだ、と感じさせられます。

その隣には
可愛らしい植木…ああ、和む…





そして、またサンマルコ広場へ…。





太陽はすっかり顔を出し
気づくと、観光客もちらほら…





カメラを向けると
後ろで、お父さんがにこにこ嬉しそうに見守ってくれました。

そろそろ、ホテルに戻る時間だな…
と、広場を後にする時
金髪のお姉さんが、回廊にカメラを向けていました。

どんな景色を撮っているのかな…と
思わず私も回廊にカメラを向けてみます。





成程、朝日に映える綺麗なアーチを撮っていたんだ!
カメラでとらえる視点は人それぞれ。
そんな他の視点で見ると新しい発見がある事を教えてくれました。





君はてくてくどちらまで?

私たちは、そろそろ夢から覚める時間かも。





朝の冒険、とっても楽しかった…!
さて、ホテルは目の前。
お腹、空いたな…朝ご飯、いっぱい食べよう! 


Posted by わたちょこ at 22:57Comments(0)* Journey to Italy
 

2012年06月21日

ベネチアの夕方☆イタリア旅行☆

ベネチアで宿泊するホテル。

ロビーには
ベネチアングラスのシャンデリアがお出迎え。
アメ細工のような
滑らかな曲線がとてもきれい。。(^^)





お部屋の窓を開けると
すぐ下は、商店街。
賑やかな声が飛び交っています。

お土産屋さんや
お菓子屋さんが、ずらっと並んで
道を歩くだけでも楽しそう☆


 

私がトイレに行っている間、
旦那が、人間ウォッチングをしていたらしく


『スリらしき人いっだけ!!(゚Д゚)≡』


と、なんだか慌てふためいている。
話を聞くと

・変な男が日本人らしきおば様の後ろに
ずっとくっついていた

・おば様の背中にはリュックサック

・チャックが少し開いていたらしい

・おば様が立ち止まった瞬間
リュックにぶつかって立ち去った。

…しかし、盗んだ物品は見えず…
だから、断定も出来無いが…
無事であって欲しいと願うばかり..。

話を聞いて、スリっぽい人を書いてみました。
旅行中はお気をつけ下さい~(´д`ι)






ホテルでの夕食前。
1時間半程、自由時間ができました(*´∀`*)


いざ出陣、ホテルを出て走り出す我ら。
走って2分位の所に
ベネチアの見所、サン・マルコ広場がありました。





見事な鐘楼、高さ100メートル!
そして、その後ろにはサン・マルコ寺院。大聖堂ですね。


しかしー、凄い人!人人!
あ、私の後ろに『バラ売り』がいらっしゃいますよ!





強制的に握らせられます。
新婚旅行の『旦那様』の方が狙われるらしいです(笑)





この広場を取り囲む回廊には
たくさんのお店が入っています。

BARや仮面屋さん、ベネチアングラスのアクセサリー屋さん…

そして、広場に響くきれいな音色。
「カフェ・フローリアン」のオープンテラスでの生演奏。





18世紀から続く、ベネチアで最も古い喫茶店。
カフェ・ラテ発祥のお店。

値段設定は普通のカフェの約3倍と、お高めなので
時間と余裕とお金がある時、また行きたい…内装は素晴しいと聞きますので…(T▽T)


でも、喉は渇いたので
庶民的バールで立ち飲み…。





初めて飲んだ、イタリアのエスプレッソ。
濃くて超んまい(T▽T)

ベネチアは、物価が高めです。
と言うのも、物資の調達が全て「船」での運搬と
それに伴う「人件費」。

と言っても、ビックリする程ではありません。
フローリアンの価格設定がおかしいだけだ…。


さて、今度は
「ヴェッキオ橋」方面へ☆

サン・マルコ広場から5分位。
大運河、カナルグランデに掛かる橋です。




写真で紹介するのはあっという間なのですが
行きと帰りで、超迷った。
迷いまくり。泣きそうになりました(T○T)

でも、そんな切ない思いを払拭させる
素晴しい景色。
夕方の7時半過ぎ。





ベネチアの建物は
古い建物が多いです。
立地上、工事も難しいと言うのもありますが

大切に大切に
昔からの物を引き継いで大事に使っていく。

この都市が出来たのは
今から約1500年前だそう。

泥の中に松の杭を無数に打ち
その上に家々を築いた人工島。

100以上の島々を400もの橋で繋いでいます。


 


泥の中に埋め込まれた杭は
今もこの街を支えています。
考えると、想像を絶するロマン。素敵過ぎる。

と、黄昏に浸っているのも
今日はここまで。


 


やばい、あと10分で夕食の時間。
猛ダッシュで戻るも、道に迷い過呼吸一歩手前でなんとかホテルへ到着。

「夕飯食べられないかと思った…」と、つぶやくと
向かいに座ったご夫婦も、息を切らし
「私たちも…」と。

どうやらヴェッキオ橋から帰る途中、迷ったらしい。
看板は出ているのだけれど…

この街は、
迷う。


でも、
迷ってなんぼ。

それがまた楽しい(笑) 


Posted by わたちょこ at 19:51Comments(2)* Journey to Italy
 

2012年06月17日

ベネチアへ…!☆イタリア旅行☆

主婦業に追われ、やっとこさ
ブログを書く時間が出来ました。
うーん、新婚さんって色々大変(T▽T)

さて、本日からはベネチア編!
旅行先で一番シャッターを押した地域です。

旦那は以前も来た事があるようだけど…

「うーん…ベネチアってあまり記憶に無いんだよなぁ」

と、記憶にございません宣言をしたので
大した事ないのか…と、
まーーーったく期待せずに向かいました。




ミラノから、高速で2時間半。
バスからの眺めは広大なブドウ畑。





バスでの移動中は
大体が睡眠時間(笑)

そして、ハッと目が覚めると…






海の真ん中を
バスが走っていました。

あれ?!畑どこいった?!((( ̄□ ̄;)))

港に着くと
ここからは、水上タクシーでの移動。





これに乗って
ホテルまで直行!

水しぶきをあげて
走り出します!





な、な…





なんなんだ??!




なんて美しい景色なんだ!!
( ̄□ ̄)!!!





こんな綺麗な街が
記憶にございませんって

おいワタナベ、お前はどんな神経の持ち主だ。
呆れちまうぜ、まったく。

大運河、カナルグランデ。




そこから、街の中に続く
小さな水路に進みます。





水路のあちこちに
ゴンドラが。





観光客を乗せ、ゆらゆら、まったり進んでいます。





上を見上げれば
水路と同じ形の青空が。

窓には
今日もお客さんを歓迎するかのように
彩られた花々。




小さな島々からなるため
たくさんのアーチをくぐっていきます。





面白いのは
ショーウィンドウが、水路に面してる!





わ、カメラの前に
いきなり船頭さん!
ちゃ、チャオー!





こっちのお店も
船から直接行けるようになってる!





おもしろいな~!!(〉▽〈)

…あちこち、きょろきょろ眺めていると
船の減速が始まりました。

あー…船の旅はそろそろ終わりかー…。





しかし、陽気陽気!

水路のあちこちから
掛け声や、笑い声、
たくましい歌声でサンタルチアが聞こえてくる。
そして、橋の上には
観光客の幸せそうな笑顔!

なんだか、ずーっとこんな景色を
見ていたいと、思わせてくれる場所でした…





 


Posted by わたちょこ at 16:12Comments(2)* Journey to Italy
 

2012年06月10日

お疲れ様でした~(T□T)

今日は半日、アルバイトに出かけて来ました。

もちろん、ありがたいお手当も出る訳で…。
私の職場には1カ月も前から
「5千円支給」の文字が躍っていたので
ワクワクしておりました。

昨日、同職であり、
んだブロガーさんであるK氏とお話する機会がありました。

ちょっと、今回のバイト
5000円のお手当出るらしいよ!( ̄▽ ̄)

「…うそぉ。
今まで3000円だったのに、急に上がったりする??( ̄□ ̄)」


……そりゃそうだ。
言われてみれば、そりゃそうだ。
何たって、書面の文字は職場の奥さんの直筆、
正式文書じゃない。


でもねー
でもねー…
まさかまさかの5000円のお手当
貰えちゃったり??!( ̄▽ ̄)


なんてなんて
なーんちゃって

淡い期待は
淡い期待のままでした(T▽T)たははー。






はぁぁー…
お昼ご飯をちょっぴり奮発しました。
お好み焼き。
あれ?昨日もたこ焼き食ったんだっけ。( ̄▽ ̄)





粉物LOVEと言うより
炭水化物LOVE。


しかし、一緒に行った
職場の連れは
封筒を開けるまで5000円と信じ疑いもしなかった。

ああ、2000円の差って大きい…!! 


Posted by わたちょこ at 21:46Comments(3)* Day by day
 

2012年06月08日

ミラノまとめ☆イタリア旅行☆

前回張り切れなかった
ミラノの街中の写真を
つらつら~っと
張って行きます☆


『スカラ座広場』にある
ダヴィンチ像。
彼は男色だったらしい…( ̄▽ ̄)






スカラ座広場前にある
横断歩道。
青信号は7秒しかない!
急いで渡ろう~☆





ガッレリア、内部。
縦撮り。





ガッレリアの中には
美味しいお店が並んでいます。
観光客用でお値段割高~…(T▽T)






外国人さん?
地元っ子?
歩いているのは美しい方々ばかりで
どうしようかと思いました。





ランチに向かう途中…
街中の風景。







ランチ…♪
飲み物をオーダーすると
パンも一緒に運ばれてきます(^^)






前菜*ミラノ風ドリア。

…サフランライスを香りの良いバターで煮込んだ感じ(*´ I `*)
だけど、あっさりしてるんだよ、不思議!






メイン*ミラノ風カツレツ。

豚肉を薄く伸ばして重ねて
揚げたカツレツ。
んまい!(o´д`o)





イタリアの食卓は
前菜にドリアやパスタ。
メインにお肉やお魚料理が来るようです。
なかなかボリューミーなのに

イタリアっ子はなぜあんなに
スタイリッシュな方々が多いのだろうか…
うらやましいぜ…(*´・д・)

 


Posted by わたちょこ at 21:33Comments(0)* Journey to Italy
 

2012年06月05日

ミラノ観光☆イタリア旅行☆

ミラノ2日目。
朝。
4時に目が覚めて
寝て起きての繰り返し…結局あまり熟睡できませんでした。(T▽T)

シャワーを浴びて
身支度して、朝の7時に朝ご飯。

お…!
バイキング形式です♪


うおー…パンの種類豊富!!(〉▽〈)




カリカリベーコンに、
ふっくらスクランブルエッグ!!

超おいしいぃぃー!!(T▽T)b
びっくりしたのがクロワッサン。
かぶりつくと
美味しいあんずジャムがINしてる。
あと、チョコクリームバージョンもありました。





そして、ヨーグルト。
お代わりしちゃった。イタリアのヨーグルトんまい!!(TωT)


たらふく食べて
体も頭も元気になりました☆


さあ、バスに乗って
ミラノ観光スタートです♪





うわー、道路には車がいっぱい!
朝の渋滞ラッシュ?!





と、思いきや路上駐車…
え?いいの?勝手にこんなに止めちゃって…(*゚Д゚*)

『実は道路の端っこは駐車場になっていまして
みんな、ちゃんとお金を払って停めているんですね。』

あー、路上駐車場!
成程、こんな街中じゃ、停める敷地なんて無いものねー…(;´-`)


『ちなみに、ここから車を出す時は
前や後ろにぶつけながら、隙間を作って車を出すんですよー』


Σ(´д`ノ)ノは、激しい…!
それがイタリア流「お互いさま」なんだとか。





ちなみに「Bar」は、「バール」と読みます。
カフェですよ☆

人が行き来する街。
見てるだけで、とっても楽しい♪


まず、一番最初見学したのは
「スフォルツェスコ城」。





添乗員さんが、注意事項を説明します。

『こう言う広場には、スリや詐欺が多いですー!
ここには、強制ミサンガ売りが居ますので気をつけて下さい~』

手首に素早く巻きつけて
不当な金銭を要求するあれですか!!(゚ω゚;)

バスを降りると早速寄って来ました。
気をつけて下さいね~。

ここの博物館では
「ミケランジェロが死ぬ3日前まで彫っていた彫刻」が見られます。




息絶えた息子(キリスト)を抱きかかえる母(マリア)。
体の上に行くほど、
手付かずに…。


スフォルツェスコ城を後にし
再びバス移動。





街中を走ると、至るとこに
歴史を感じる石像や建物がいっぱいあります。

こちらは「スカラ座」ロビー。
建物の中も、ずっと歴史を引き継いできた香りでいっぱい。




スカラ座からは、歩いてすぐそこに
ミラノの超有名スポットが。





そう~!
「ガッレリア」(〉▽〈)ノ

天井高いし、広いしお店いっぱいだし!!
もちろん、回ってきましたよ☆




かかとを付けて
くるっと回ると良い事が起きる、と噂の牛。

そしてそして
ここを抜けると

じゃーん。
「ドゥオーモ」。




でっかい教会です。
中のステンドグラスも美しい。





せっかくなので頂上まで登ってみました。
おー、観光客いっぱい(笑)
そして、大理石の手彫りの彫刻が素晴らしい。




でも、上から見る
ミラノの街も、素敵ですよ…♪





昔から、この建物は
街と、人々を見守ってきたんだなー…と
そんな風に、感じました。


 


Posted by わたちょこ at 23:14Comments(2)
 

2012年06月04日

ミラノ到着!☆イタリア旅行☆

成田からの直行便で
13時間の空の旅を終え
無事、マルペンサ空港に到着しました。
ミラノの郊外に位置する空港です。

入国審査を通過すると
旅の添乗員さんが待っていました。

『○○ツアーの方、こちらで~す☆』
…と言う声が、ロビーのあちこちから聞こえてくる…( ̄▽ ̄)
色んなツアー会社の添乗員さんが旗振りをしておりました。

間違って別のツアーのグループに紛れ込むお客様もしばしば…
点呼で、人数を確認し、
間違ったお客様を入れ替えし、
飛行機に預けた荷物を取りに行きます。


荷物は、日本の空港同様
ベルトコンベアーで、回転寿司の様に運ばれてきます。
すると添乗員さん、

『荷物は、ポーターさんが取ってくれまーす!触らないで下さい~!』

ツアー参加者、全員ベルトコンベアーを見守る中


…私の頭の中は…

……そうか、ポーターさんと言う人が
今回の旅の荷物係か!
添乗員のNさんと、
荷物係のポーターさん、うん、よし!
名前しっかり覚えた!( ̄▽ ̄)

と、思考中。

しかし

その後判明した事ですが
ポーターさんとは、人名では無く
「お客さんの荷物を運ぶ仕事をする人【porter】」の事でした…
あー、恥ずかしい…(T▽T)


ポーターさん達の仕事ぷりは
まさに職人。
荷物を積む積む!!


 

この写真を撮った後も
更に積み上げていました(笑)


全員の荷物が無事揃いまして、
空港の外に。


うーん、初めての外国の風…
周りを見れば、外国人いっぱい…
あれ?でも今は私達が外国人??( ̄▽ ̄;)

ツアーのバスに乗り込み
外をぼーっと眺めます。



 


…。

あれ?今って朝だっけ??


添乗員さんが挨拶を始めました。
『お疲れ様です、夕方の6時半を回った所です』


……あ、明るくね?!( ̄□ ̄;)


『今は、夜の8時過ぎまで明るいんですよ』


……すげー…( ̄□ ̄;)


『今日は、お疲れだと思うので、このままホテルに向い
そこで解散となります』

添乗員さんは、今後の事を淡々と説明しだし
バスはゆっくり走り出します。


 


初めて、街の景色を見ながらの移動。
パッと見た感じ、都会の高速と変わりないなー…と。

正直、まだあまり
海外に来た感覚も無く…。

しばらくすると、バスがミラノの郊外の町へ
降りていきました。
市内からは、大分離れており
お店などもあまり無いそう。

まあ、到着初日は、ゆっくり休めれば
それで良いや。と考える辺り、私も疲れているのかな~と実感。

旦那から、ヨーロッパのホテルは
あまり期待しない方が良い、と聞いていましたが
実際到着してみると…


 


…うわーぉ…
ヨーロッパーー( ̄▽ ̄;)

お部屋は、普通のビジネスタイプ。


 


日本のビジネスホテルよりは広めで
ありがたい事に、お水サービス。

そう、こちらでお水は有料なのだ。
飲食店でも、お水のサービスは一切ありません。
大体、500mlペットボトル1つ1ユーロ程です。
105円位ね(^^)

部屋で一息ついて
TVのチャンネルをポチポチ変えてみたものの
見て分るのは
天気予報とサッカー番組位。
あー、日本じゃ無いんだ…と、じわじわ実感(^^;)

ちょっと、小腹が空いたので
近くのピッツェリアへGOGO。


 


ちなみに、このお店は
日本語のメニューも置いてありました。
ツアーで、このホテルを訪れるお客さん向けなんですね~。

↓お通し的な…ピザの…素焼き?んまい。


 


↓トマトソースのスパゲッティ。ちょっとアルデンテ過ぎる( ̄▽ ̄;)


 


このあと、ピザのマルゲリータも注文しましたが
旦那にイライラしたため、写真は撮っていません。
(新婚旅行にケンカは付き物よね)
ピザは超んまかったです☆



食べ終わって、9時頃…
ようやく、辺りが暗くなってきました。



 


日本に比べて、
1日がとっても長く感じます。

3月から10月は
「サマータイム」。
仕事を早く終え、家に帰って、
まだ明るいうちに有意義な時間を過ごす。成る程。
日が長い国だからこそ、出来るんだなぁと実感。

日の短い日本じゃねー、サマータイムの導入って
どうなんだろう…と、ちょっと考えてみたり(^^;)


散歩がてら、ホテルの周辺散策♪





歩いていると
旦那がいきなり「カメラ貸して!」と、騒ぐので
何事かと思ったら…


 


フェラーリ…( ̄▽ ̄;)
旦那大興奮。
イタリアを代表する車ですが

道路を走っている姿は
1度も見かけず日本へ帰ってきました(笑)



そしてこの日は、ホテルに帰って
死ぬように眠りについたにも関わらず
朝方の4時に目が覚めるという、時差の怖さを思い知らされたのです…。


さて、明日からは
いよいよ観光地巡り!
お写真の華やかさが増す予感…( ̄▽ ̄)


  


Posted by わたちょこ at 22:59Comments(3)* Journey to Italy
 

2012年06月03日

成田~ミラノ空港☆イタリア旅行☆

出国当日。
前泊したホテルからシャトルバスで
再び成田空港へ。

ツアー会社の手続きを済ませたら
出発までの間、しばしブラブラ&
各自で搭乗手続き等を済ませます。





数分置きに飛行機の離着陸が繰り返される滑走路。
展望台でコヤツは優雅に朝ビール。

成田空港には
お店がいっぱい。
雑貨屋、お土産屋、ブランドショップ
ツタヤやユニクロまで…
超楽しい。( ̄▽ ̄;)


おー、デカイ掲示板。
こんなのドラマでしか見た時無いよ~。





今回使う国際便
「アリタリア空港」。
搭乗手続きを済ませると
何やらスタンプが…。





「はねむーんめーる??( ̄△ ̄)」

なんじゃらほい。

旦那がすかさず
「ミール」と小声で言いなおす。
どうやら、機内食が「新婚さん用」だと言うことらしい。

次に出国手続き。
手荷物、身体検査~パスポートチェック。
国内線に比べて、厳しいチェック(^^;)

それが終わると
もう、飛行機に乗るだけ。

「ここからは海外だよ!(〉ω〈)」
旦那大興奮。

へー。あーそう。( ̄▽ ̄//)
免税店も数件並び、ウォッカ的な何かを試飲したため
頭がもうろう状態。





待合室から見える飛行機。
これが私達を運んでくれるんだね~…

口コミが最悪だった航空会社。
ロスバゲは当たり前、出発の遅れ
スーツケースの破損、飯の不味さ、スタッフの対応…
評判が評判なだけに超心配。(´_`。)

でも、いざ載ってしまえば
そんな事はどこへやら…

イタリア美人のお姉さんとお兄さんイッパーイ!!
国際線のため、もう英語やらイタリア語やら
何言ってるか分かんない。
でも、目の保養にはなる(*´エ`)イイジャンイイジャン♪

しかし、
しかし座席が超狭い!!(=ω=)


乗ったら早速おやつタイム。





それで
客室乗務員さんが、英語で
何飲むの?的な事聞いて来る訳ですよ…

え?え??
あ…えーっと…(´д`ι)

「ちょこさん、何飲むの?(´・ω・`)」

あー…オレンジジュース…が良いのですが…。

「… red wine and  orange juice, please.(´・ω・`)」

((゚゚Д゚゚))!!!
ナニコノヒト、エイゴシャベレルノ??!

「普通これ位喋れるべ?(´・ω・`)」

…。( ̄▽ ̄;)
兎にも角にも、ありがたい通訳同行。
今後も色々お役に立ちました。

出発1時間位して、待ちに待ったお昼ご飯~。
わおー、豪華~。





味は、予想より良かったです。
全部食った~。( ̄▽ ̄)食後は超アメリカンな一杯。





今思えば、良く耐えた。
狭い座席で13時間。

やる事といったら

食うか、寝るか。時々トイレ。

到着まであと何時間とか
モニターに出るのですが
見ると逆に辛くなるので
あまり目をやらないようにしていました。

また、客室乗務員さんが、頻繁に飲み物を提供してくれます。
オレンジジュースが美味くて、そればっかり飲んでました。

そして、飛行機が中国大陸の上を飛ぶ頃には
機内は真っ暗になり…

それでも、起きている人へ
おやつが運ばれてきます。





『コレ食ってさっさと寝ろ』と言わんばかりに(笑)

お昼寝程度はしましたが
海外旅行者さんからのアドバイスは
逆に、ぐっすり眠らない方が良い!との事です。
時差ぼけ対策ですなー。

あと、飛行機の後ろには
フリードリンクがご用意されておりまして
ワイン、ビール、お茶、ジュース、時々おやつが置かれています。

興味深々で行ってみると
スタッフ控室すぐ隣。
男のスタッフさんが顔を出して

『ciaoー(*ゝω・*)ノ』


…(〃ω〃)…ずきゅーん
ちゃ、ちゃお~。。

うぉー、ウインク!ハァハァ…ww
そういや、職場の人、お土産はイケメンで良いなんて言ってたな。
一緒に帰りませんか?なんて。



 

  *


到着1時間半前…
機内の電気が付き、窓を開けて下さいのアナウンス。

おー、山!!




オーストリアあたりの山脈らしい。
そして、お腹いっぱいだけど
また飯の時間。ハムいっぱい。( ̄▽ ̄)





お腹いっぱいと言う割に
完食させて頂きました。


食べ終わると、着陸態勢の準備。
窓の下は、オレンジ色の街並みが広がってきました。
凄いな~、日本の街はこんな色じゃないよね~…





「んだねー…日本は瓦屋根だから、黒っぽいよね(o・ω・o)」
確かにー。


そして
長い長い飛行機の旅が
無事に終わり、ミラノの空港へ到着です☆





13時間だよー、13時間。
疲れているんだけど、わくわくがそれを上回ってるー。

飛行機を降りたら、気を引き締めて
持ち物や貴重品の管理に注意しましょう☆ 


Posted by わたちょこ at 12:40Comments(6)* Journey to Italy